メニュー

よくある質問 - インターグループ

自然言語処理・音声情報処理

ICT LANGUAGE SOLUTION

インターグループはいつ頃からこの分野の実績があるのですか?

1980年代に機械翻訳の国家的なプロジェクトが始まり、翻訳会社として機械翻訳の辞書づくりをはじめたことが発端です。その後、機械翻訳を含む言語処理分野だけでなく音声分野、その他ヒューマンインターフェースのデータ収集を行うようになりました。

どのようなスタッフが対応してくれますか?

言語学に通じたコーディネーターがお客様の窓口を担当させていただきます。言語データについては外国語が堪能でデータ作成の経験が豊富なスタッフが対応します。音声データについては音響技術のエンジニアと、やはり外国語が堪能なスタッフ、必要に応じて通訳・翻訳部門を含めたインターグループの人材を活用することが可能です。

海外での音声データ収集は可能ですか?

コーディネーターが海外の録音スタジオを調査、音声データサンプルの取り寄せ、品質のチェックを行い、現地を訪問後にスタジオを決定します。実際の音声収録ではコーディネータと専門知識を持ったスタッフがディレクションを行い、収録データは入念な検品後ご納品いたします。

標準語以外に地域差を考慮した音声データも収集したいのですが…

全国に8つの拠点(東京、大阪、名古屋、京都、広島、福岡、仙台、金沢)を持つインターグループの支店網とそのネットワークを活用し、国内各地での音声収録が可能です。

料金表はないのですか?

この種のデータ作成・収集は仕様によって費用が大きく変わってきますので、まずは打合せをさせていただき、その後ご要望に応じたお見積もりとともに、ご提案もさせていただきます。

被験者との権利関係のトラブルが心配ですが…

基本的にデータ収集の際には権利放棄の同意書にサインをいただいており、過去に問題になったことはありません。

お問い合わせ

TEL(東京):03-5549-6903
TEL(大阪):06-6372-1621